上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告


労働基準監督署はどこまで頼れるか?


労働基準監督署は労働者の強い味方です。そう、行政という立場での弱い者の味方です。

相談に来た労働者に対するアドバイスや問題のある企業への是正勧告、またサービス残業の

取り締まりのための抜き打ちでの立ち入り等を行うことで知られています。

最近ではそういった取り締まりも厳しさを一層増しており、大変心強いです。その原因とし

て平成22年の4月の労働基準法の改正等があげられますが、サービス残業を減らすための

動きというのはやはり活発化していると言えるでしょう。

それもそのはず、社会問題のひとつとして”うつ病”を代表とする労働者の心の問題に加え

長時間労働、過重労働による”過労死”が増加傾向にあります。これらが、サラリーマンの

長時間労働、長時間サービス残業となんらかの関係があると考えるのは当然のことですよね。

さて、少し話がそれてしまいましたが労働基準監督署はこのように弱い立場の雇われ労働者

にとって非常に心強い味方です。もし、あなたが様々な証拠を用意したうえで真剣に相談に

行けば、きっと親身になって聞いてくれ、会社への是正指導をしてくれる等の対応をしてく

れるに違いありません。しかも、行政機関ですから相談料もかかりません。

ここで、「じゃあサービス残業代の請求は裁判所や弁護士はいらないじゃないか?」と思わ

れた方もいるでしょう。あなたがそう思われるのはごもっともです。

もちろん、全ての状況において万能な方法というのは何においてもまずないというのうのを

前提にお話ししますが、この一見最強に見える労働基準監督署も万能というわけではありま

せん。では、どんなところが弱点だというのでしょうか?

これはそもそも弱点と言えるかどうかわかりませんが、あえて言うなら残業代を払わせるに

あたって、労働基準監督署には強制執行の権限がないということでしょうか?あくまで問題

のある企業に対する調査を行い違法性が認められれば指摘し是正指導をするというのが仕事

です。仮に、企業が監督官に対しては建前として「残業代を払います」という返事をしたと

しましょう。しかし、実際に払われなかった場合にその企業に対しての差し押さえをしたり

という強制力までは持ち合わせていないということです。

また窓口担当者により対応にバラつきがあるというのはよく聞く話です。どう考えても違法

である未払い賃金のある事案であっても「会社には勝てないからやめておいたほうがいい」

などという信じられないような対応を受けて、あきらめてしまったというような話も耳にし

ます。残念ですがこういった話は全国にたくさんあるのかもしれません。

ですから、労働基準監督署は確かに心強い味方でありながら強制執行力のある完璧な存在と

までは言えない、そんな存在であると言えるでしょう。また、監督官の対応の善し悪しを左

右するのは証拠集め等の準備です。証拠を突きつけられれば無視することはできません。

そこを踏まえたうえで、うまくチカラになってもらいましょう。




テーマ:サービス残業 - ジャンル:就職・お仕事

2012.01.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 労働基準監督署は頼れるか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

MENU

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。