上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告


36協定と残業代未払いは全く関係ない!


36(サブロク)協定というのは、会社が従業員に法定労働時間を超えて働いてもらう

ことができるようにするために、あらかじめ労働基準監督署に届け出なければならない

労使間の協定のことです。

名前の由来はこの協定に関する項目が労働基準法の第36条で規定されていることからです。

よく勘違いされがちなのが36協定を結ぶと労働時間を会社の都合で伸ばすことができて、

なおかつその協定による時間内は残業代がもらえないのではないか?ということです。

本当にそうなのでしょうか?

答えはノーです。

この協定による効果は、あくまで「残業させることができる」にとどまります。

会社が従業員に法定労働時間(1日8時間、1ヶ月40時間)を超える残業をさせても

違法にならない、ただそのためだけの届け出ということです。

つまり、残業をさせたら残業代を払うのは当然で、届け出をしているしていないは全く

関係のないことになります。

ですから、あなたが汗水垂らして、いろんなものを犠牲にして働いた賃金は堂々と請求

しましょう!

ちなみに、この36協定は会社が、労働組合もしくは労働者の過半数を代表するものと

締結しなければならないことになっておりますが、サラリーマンのほとんどが知らない

というのが現状のようです。

なぜなら、これは会社の総務課等で作成し従業員が書類更新のたびに交代で呼ばれるなど

してよくわからないままハンコだけ押させられるというようなことが多いからでしょう。

そしてもちろんですが、この36協定にも残業させていい時間の限度の規定もあります。

そう、従業員は無限に働かせられる奴隷なんかじゃないんです!















テーマ:サービス残業 - ジャンル:就職・お仕事

2012.01.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 36協定とは?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

MENU

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。